記事を検索する

エトセトラブックスの本

じぶんである って いいかんじ:きみとジェンダーについての本

じぶんである って いいかんじ:きみとジェンダーについての本

作 テレサ・ソーン
絵 ノア・グリニ
訳  たかいゆとり

定価

2000円+税

判型

A4変形

頁数

34ページ

装丁・本文デザイン

鈴木千佳子

発売

2024年4月26日

ISBN 978-4-909910-22-6

内容

「きみは きみとして いきていけばいい。きみは たいせつな そんざいだよ」

 

男の子もいれば、女の子もいる。どちらでもある子もいれば、どちらでもない子もいる。男の子と女の子のあいだの子もいる――すべての子どもたちの、驚くべきジェンダーの多様性を喜ぼう。

 

やさしく温かいことばづかいと、楽しい絵で〈ジェンダーのアイデンティティ〉がわかる、世界じゅうでベストセラー絵本。かけがえのない、自分と誰かのために読みたい最初の一冊。【オールカラー、4歳~、ひらがな】

著者情報

作  テレサ・ソーン
育児ポッドキャスト「ある悪いママ」の共同司会者。共著に『あなたはよくやってるよ! 子育てで成功する100の方法』がある。カリフォルニア州ロサンゼルス在住。本書がはじめての子ども向け絵本。

絵  ノア・グリニ
ノンバイナリー・トランスジェンダーのイラストレーター、作家、オーガナイザー。これまでイラストを描いた本に、『子どものためのジェンダー・アイデンティティ・ワークブック』『私たちはまだここにいる』など。現在、マサチューセッツ州ボストンに在住。本書がはじめての子ども向け絵本。
訳  高井ゆと里 (タカイ ユトリ)
倫理学者。著書に『ハイデガー』(講談社)、訳書にショーン・フェイ『トランスジェンダー問題』(明石書店)、共著に『トランスジェンダー入門』(集英社)など。本書が子ども向け絵本のはじめての翻訳。